�N���N�n �߃c�[���ӃE�B�[�N
9件中1〜9件表示

おとな1名様あたりの代金です。

  • 佐賀 嬉野温泉
おとな1名様あたり
8,640円~132,020円
JR佐世保線武雄温泉駅から路線バスで約30分。
★玄関に入ると、すばらしいアトリューム空間がお出迎え♪
★眺望も楽しめる最上階の展望大浴場と屋上ならではの開放感あふれる露天風呂が♪
★9階にある温泉付客室はご家族、3世代、グループに最適!
★夕食では「伊勢海老」「ふぐ」「呼子烏賊」「伊万里牛」「有田地鶏」等の海の幸・山の幸に舌鼓♪
★ご当地グルメの嬉野温泉豆腐やお茶粥等朝食におすすめ!
ハイクラス
  • 佐賀 嬉野温泉

おとな1名様あたり
11,550円~44,400円
JR佐世保線 武雄温泉駅からタクシーで約25分。
嬉野川沿いに建つ和風旅館。特産のうれしの茶を浸した、露天茶風呂は、日本でも大変珍らしく、お茶の香りでやすらぎのひとときをお過ごしいただけます。2007年10月に玄関アプローチと和モダンな食事処「旬彩庵・うれしの小町」をオープン
ハイクラス
  • 佐賀 嬉野温泉
おとな1名様あたり
7,560円~52,800円
JR武雄温泉駅(改札口ひとつ)から路線バスで約30分。
嬉野バスセンターから徒歩で約15分。
江戸時代から宿場町として人々に親しまれてきた嬉野温泉。
ここ和多屋別荘は、長崎街道を往来していた島津薩摩藩が、旅の途中に休息していた上使屋。

■日本三大美肌の湯!ナトリウムを多く含む重曹泉でとろとろです
■様々な海の幸、佐賀県を代表する佐賀牛や若楠豚などの食材を使った料理の数々をお楽しみ
ハイクラス
  • 佐賀 嬉野温泉
おとな1名様あたり
11,550円~44,000円
JR佐世保線 武雄温泉駅から路線バスで約30分。
JR佐世保線 武雄温泉駅からタクシーで約20分。
★日本三大美肌の湯と言われる嬉野の温泉を、9階屋上「空中露天風呂」で満喫!
★ここからの景観はまさに圧巻。星空を眺めながら浸る至福のひとときを♪
★四條流庖丁式の伝承者が造る、一流料理の数々、自然の素材を生かした会席料理で舌鼓♪
★著名な庭師が手がけたガーデンとともに、癒しのひとときを♪
★時間を忘れる居心地の良さをお楽しみ下さい
  • 佐賀 嬉野温泉

おとな1名様あたり
12,100円~45,100円
JR佐世保線武雄温泉駅から路線バスで約30分。
嬉野バスセンターから徒歩で約1分。
★2016年7月、歴史ある名宿が「うれしの元湯」としてリブランドオープン!
★敷地内の源泉から100度近い高温でツルツルとした本物で最高級の温泉を全館100%使用♪
★料理人の技と現代的な完成が光る懐石料理に舌鼓♪
★リニューアルされた正稀有な客室、女性目線の行き届いたサービスでご案内
★半個室食事会場はプライベートな空間で気兼ねないお食事を♪
おとな1名様あたり
7,236円~28,028円
武雄温泉駅から路線バスで約25分。
嬉野インターから車で約3分。
当館の温泉は自家源泉。大浴場をはじめ、開放的な露天風呂でも天然温泉を
ご満喫いただけます。

3月から厳選素材でより進化した湯快リゾートの「贅沢バイキング」スタート!


全室 便利なWi-fi 完備!
  • 佐賀 嬉野温泉

おとな1名様あたり
9,600円~57,000円
JR武雄温泉駅南口から路線バスで約30分。
九州急行バス「九州号」嬉野バスセンターから徒歩で約10分。
★温泉街の中央を流れる嬉野川のほとりにある、モダンな外観とインテリアの隠れ家的なお宿
★ミシュランガイド福岡・佐賀に掲載された全14室のお宿
★嬉野温泉独特の化粧水のようなとろみのある泉質を、源泉掛け流しのまま使用♪
★当館自慢の九州の素材を活かした食事を、是非ご堪能ください。
  • 佐賀 嬉野温泉

おとな1名様あたり
14,040円~19,800円
JR武雄温泉駅から路線バスで約30分。
嬉野温泉はハウステンボス、長崎、有田焼窯元散策と西九州観光の拠点に位置し武雄嬉野CC(車で10分)など30分以内に5~6ヶ所のゴルフ場をかかえ観光スポーツ、レジャーに最高な立地条件です。有明海の珍味等山海の四季折々の会席料理又名物温泉湯豆腐等グルメ党には大変好評を頂いております。当館自慢の庭園露天風呂には男女サウナ、うたせ湯も併設し温泉三昧が楽しめます。
  • 佐賀 嬉野温泉

おとな1名様あたり
17,280円~40,700円
佐世保本線 武雄温泉駅から路線バスで約30分。
長崎本線 肥前鹿島駅から路線バスで約30分。
大正14年創業。日本建築界の重鎮、故吉村順三氏の設計によるものです。大浴場四季の湯は、天井と前面ガラス窓が電動で開閉できるのが特徴です。浴槽の回りは、季節の花木で自然を強調し、露天風の情緒を味わえます。また大浴場滝の湯は、清流と遊泳する鯉を目の前にして、ゆっくりと旅の趣にひたることができます。