【熊本 黒川温泉】

奥の湯

ハイクラス

オクノユ
宿コード:S430052

全景

★外観

★萱葺屋根露天(混浴)

10畳和室。窓からは奥の湯にしかない蒸し処、手作りの中庭。

風呂

お風呂

大浴場【内湯】

混浴露天 【川風呂】

女性専用露天 ~夏~

【竹の湯(家族風呂)】※15時~23時(翌朝 7時~)

【洞窟風呂(混浴)】※24時間可(20時~22時女性専用)

【もみじの湯(家族風呂)】※15時~23時(翌朝 7時~)

【あじさいの湯(家族風呂)】※15時~23時(翌朝 7時~)

【岩盤浴】終了後もベタつかずサラサラの汗。新館1F 15時~23時

客室

離れ一戸建ては二間(和室か和洋室/写真は10畳+8畳和室)

部屋付風呂は内風呂でも露天風呂でも楽しめる開閉式の扉。

扉を開ければ露天、閉めれば内風呂、川のせせらぎと共に楽しむ。

ウッドテラス&お風呂付。※和室8畳+洋間10畳(5名様迄)

シャワーはございませんが、広めのウッドテラスで眼下には川。

10畳和室。部屋にはミニテラスが有り、ちょっとお洒落な雰囲気。

ミニテラスのすぐ横には田の原川。川のせせらぎが癒し。

6畳和室こじんまり可愛らしいお部屋。大浴場に一番近い。

基本の10畳和室。こじんまりとして可愛らしい8畳和室も有。

山側7室の内一つは二間和室(6畳+6畳)。

10畳和室。窓からは奥の湯にしかない蒸し処、手作りの中庭。

和洋室は川側7室の内6室。

【本館川側】10畳+6畳二間和洋 平成28年3月和室より改装

玄関・ロビー

玄関(本館)

【正面玄関】日本の伝統が息づく、格調ある雰囲気。

【正面玄関】雪化粧した玄関も幻想的。

【温泉地獄/新緑】黒川唯一の蒸し処

【新緑】奥の湯のシンボル温泉地獄と緑のコラボは見もの☆

【入口門】狭い小道をあがってきた先にこの門が見えたら到着!!

【新緑】早朝快晴時、奥の湯門に差し込む木漏れ日が優しい、、、

【温泉地獄/紅葉】玄関すぐ横で湯けむり

施設・その他

【新館食事処/檪】夕食会場や朝食会場として使用。※イメージ

【本館食事処】中庭を眺めながらの食事が楽しめる(朝夕)

【和み/休憩処(離れ)】無料のコーヒーも有(セルフ)

【和み/休憩処】川のせせらぎを聴きながら一息。

【和み】本・コーヒーも有(セルフ)

ロビー空の眺め【深緑】

お土産処 ’やまぼうし’

【室内プール】カップルやご家族、存分にお楽しみ下さい!

【新緑】緑いっぱいの中庭は散歩のし甲斐があります(^^)

離れへの道 【深緑】

離れへ

川沿いの道

黒川温泉

黒川温泉散策も楽しみの一つ。

後藤酒店

【田舎の風景】黒川温泉街散策も楽しみの一つ

【紅葉】陽をいっぱいにあびてその輝きを一層まします。

紅葉散策【離れ小道】

あき みいつけた

紅葉水面

【雪化粧した温泉地獄】冬は一段と湯けむりが風情たっぷり。

【雪景色】すぐ横を流れる田の原川もいつもと違った姿。

【夫婦滝】マイナスイオンたっぷり☆

朝陽~阿蘇~

阿蘇ススキ

【恋人たちの丘】阿蘇五岳を眺める絶景☆

【大観峰】阿蘇五岳が観音様が横になった姿に・・・。

【一心行の大桜】樹齢は400年余りと言われる一本桜。

【鍋ヶ滝】奥の湯から車でおよそ25分程。

【鍋ヶ滝】裏見の滝とも呼ばれ、滝の裏側から滝が見れる♪

【カドリードミニオン】沢山の動物達とのふれあい 車で約40分。

【高千穂峡】日本の滝百選にも選ばれた「真名井の滝」

料理

【夕食一例】女将手作りの味が随所に隠れた田舎風会席料理。

【肥後牛たたき】通常メニューに含まれます。

【田舎煮しめ】女将手摘みのわらびが味の決め手

【焼物】鮎もしくは山女魚、時期により変わる。

【夕食一例】メインに厚切り肥後牛!

【季節変わりの前菜】随所に“手作りの味”が見え隠れする。

【季節のもの】地産地消にこだわり、季節のものをお出しします。

女将手作り梅酒は一番人気!

【お子様夕食例】※ランチはステーキが付いていません

季節変わりのヘルシーな朝食(一例)

【女将手作り梅干】女将自ら丁寧に漬け込んだ懐かしい味。

【女将手作り梅干】朝食の一品。昔ながらのすっぱい味。

宴会場

お風呂

  • 掲載写真は一例、またはイメージとなります。