夜景評論家丸々もとお×近畿日本ツーリスト  夜景の達人 |近畿日本ツーリスト

夜景評論家丸々もとお×近畿日本ツーリスト  夜景の達人
 
夜景の種類で探す 夜景の効果で探す エリア・日付で探す ランキングで探す
 
 
 
2013.11.20
  [夜景レポート]
 
 
発表!夜景鑑賞士が選んだ
イルミネーションランキング!
 
 
 
 
今や、「イルミネーション戦国時代」。全国あちこちでイルミネーションが点灯し、多くの人々を呼び込んでいます。「イルミネーションビジネス」というくらい、真冬に大きな売上を上げている施設もあります。しかしながら、これほど増えすぎてしまうと、どこのイルミネーションを選んだらいいか正直迷う方もいることでしょう。そこで、夜景鑑賞のプロ、つまり「夜景検定」の有資格者の皆さんが、これぞ眺めておきたいイルミネーションを投票。このほど、ランキングを発表しました!

詳細は発売中のムック本「イルミネーションぴあ」をご覧いただきたいのですが、今年の総合エンタテイメント部門のナンバーワンとなったのが、ご存じ「ハウステンボス・光の王国」です。まさに、堂々の第一位です。いやいや、何が凄いかと言うと、1000万球という日本随一のイルミネーションはもちろん、映像系という演出が素晴らしい。園内の教会や建造物を使った3Dプロジェクションマッピングが見事というしかありません。今年は多々の3Dプロジェクションマッピングが登場していますが、今年の「ハウステンボス」はなんと、イルミネーションと連動して展開。光と映像を巧みに制御して、ひとつのストーリーを創出しているのです。昨年までは、別々に使用されていた演出がついに融合したのです。いや〜、パチパチ♪ その他にも、人の動きに連動した映像が登場するスケートリンクなど、見どころは沢山。もう、冬休みや週末を利用して長崎まで行くしかありません。必見です。

一方、関東の方なら、「関東三大イルミネーション」と称される「東京ドイツ村」(千葉)、「あしかがフラワーパーク」(栃木)、「江ノ島 湘南の宝石」(神奈川)や、3Dプロジェクションマッピングと光る妖精のオブジェが降臨する「ぐんまフラワーパーク」(群馬)も見逃せません。今や、ひと冬に幾つもイルミネーションを見に行く時代ではありますが、これらは絶対見逃せません。そして、気になるランキングは「イルミネーションぴあ」で、ぜひチェックを!

「ハウステンボス 光の王国」公式HPはこちら ≫
ハウステンボス周辺のホテルはこちら ≫
 
 
 
 
最新バッグナンバー
 
 
 
レポート一覧
 
 
 
 
 
夜景評論家 丸々もとお
 
丸々もとお[スーパー夜景サイト]
http://www.superyakei.com

「夜景評論家」(R)で夜景観光のパイオニア。立教大学観光学科卒。ぴあ、リクルート等を経て独立。 観光学、景観学、色彩心理学など学際的に評論する独自の「夜景学」を構築。執筆活動のほか、イベント、飲食&展望台プロデュース、地域活性、各マスコミ等で活躍中。神戸市、横浜市、長崎市、川崎市等の夜景観光アドバイザーを歴任。「夜景検定」の総監修。全国に広がる“工場夜景クルージング”の仕掛け人で、テレビ東京系「ソロモン流」で夜景の賢人として紹介。
 

 
 
 

       
エリアで選ぶ 日付で選ぶ
北海道 東京 横浜
千葉 甲信越 静岡
滋賀 京都 大阪
神戸 北陸 九州