夜景評論家丸々もとお×近畿日本ツーリスト  夜景の達人 |近畿日本ツーリスト

夜景評論家丸々もとお×近畿日本ツーリスト  夜景の達人
 
夜景の種類で探す 夜景の効果で探す エリア・日付で探す ランキングで探す
 
 
 
2013.9.20
  [夜景レポート]
 
 
年の一度の“夜景の祭典”
「夜景サミット2013 in 周南」開催!
 
 
 
 
今年もやってきました、年に一度の夜景の祭典「夜景サミット」。10月11日(金)、開催地は周南市です。「え?周南市ってどこ?」という方もいるかもしれませんが、昨今の夜景業界では、“全国五大工場夜景”のひとつとして知られるようになった山口県の瀬戸内海沿いの街です。JR徳山駅の新幹線ホームからは目映いばかりの工場夜景群が広がり、圧倒されるドラマチックな夜景が駅前から展開します。さらに、10月末から開催される「周南冬のツリーまつり」は、毎年パワーアップし、光と音と香りコラボレーションするショーも登場。中国地方ならず、全国に先駆けた演出も数多く始まっています。それもそのはず、周南市は“あかりのふるさと”なんです。同市にある「日本精蝋株式会社」は、全国の蝋生産の8割以上。あかりやキャンドルの源である蝋は、この周南市から生まれ、全国のあちこちに提供されているのです。と、こんな夜景にゆかりのある地だからこそ、「夜景サミット2013 in 周南」が開催されます。昨年の長崎市についで、第五回目です。

さて、「夜景サミット」とは、日本全国における夜景観光活性化に尽力する行政、民間企業が全国から一堂に会する場として開催するもの。滞在型の観光資源としての夜景を、どのように活用し、どのような成果を残し、滞在型観光に結びついているか、そして地域活性化に役立っているのか等、「夜景観光」に関するあらゆる情報を担当者レベルで共有し、官民一体・新たな商品開発も含めたさらなる地域活性化の実現の一助を目指していくものです。

昨年は、「世界新三大夜景」や「関東三大イルミネーション」が発表され、メディアでも大きく話題になりました。さて、今年はどのような発表、イベントが待っているのでしょうか? ぜひお楽しみにしてください。そして、今年は夜景サミットもパワーアップします。なんと、著名人が登場する「夜型観光によるまちづくりシンポジウム」が併催されるのです。私がモデレーターとしてパネルディスカッションを展開。気になるパネラーは3名。一人目は、多数のTVでも活躍中の国際弁護士の八代英輝さん。工場夜景が大好きな方って知っていましたか?二人目は、探偵ナイトスクープでもお馴染みのヴァイオリニストの松尾依里佳さん、三人目は、居酒屋放浪記でお馴染みに酒場ライター・詩人の吉田類さんです。いやいや、どんな展開になるか本当に楽しみです。どちらのイベントも入場無料。シンポジウムのみ参加は不可で、サミットから御参加ください。参加は事前登録が必要です。では、みなさんのお越しをお待ちしております!

「夜景サミット2013 in 周南」詳細&事前登録≫

 
 
 
 
最新バッグナンバー
 
 
 
レポート一覧
 
 
 
 
 
夜景評論家 丸々もとお
 
丸々もとお[スーパー夜景サイト]
http://www.superyakei.com

「夜景評論家」(R)で夜景観光のパイオニア。立教大学観光学科卒。ぴあ、リクルート等を経て独立。 観光学、景観学、色彩心理学など学際的に評論する独自の「夜景学」を構築。執筆活動のほか、イベント、飲食&展望台プロデュース、地域活性、各マスコミ等で活躍中。神戸市、横浜市、長崎市、川崎市等の夜景観光アドバイザーを歴任。「夜景検定」の総監修。全国に広がる“工場夜景クルージング”の仕掛け人で、テレビ東京系「ソロモン流」で夜景の賢人として紹介。
 

 
 
 

       
エリアで選ぶ 日付で選ぶ
北海道 東京 横浜
千葉 甲信越 静岡
滋賀 京都 大阪
神戸 北陸 九州