夜景評論家丸々もとお×近畿日本ツーリスト  夜景の達人 |近畿日本ツーリスト

夜景評論家丸々もとお×近畿日本ツーリスト  夜景の達人
 
夜景の種類で探す 夜景の効果で探す エリア・日付で探す ランキングで探す
 
 
2013.3.25
  [夜景学]
 
 
前回に引き続き、
評論家オススメの夜桜情報を公開♪
 
 
 
 
今回は、夜景と一緒に夜桜が楽しめるスポットの中から、夜景評論家が特にオススメしたい厳選紹介。ぜひ、旅のお伴の夜景情報を御利用ください〜。

■「太平山」(栃木県)
上杉謙信が関東平野に広さに目を見張ったという「謙信平」を擁する県立自然公園・太平山。春は桜の名所ながら、夜は県下で随一の夜景が随所から鑑賞できる地。

■ 「六義園」(東京都)
園のシンボル的存在のシダレザクラは高さ約13メートル、幅約17メートル。流れる滝のごとく枝いっぱいに薄紅色の花を咲かせる。早春の夜空に浮かび上がる花火のようなサクラは最高の美しさ。空が青々とした薄暮の時間が特にオススメです。

■ 「目黒川」(東京都)
目黒駅から東急池尻大橋駅まで川沿いの両端約4キロの桜並木が続く定番のお花見スポット。東急・中目黒駅周辺は、サクラを眺めながら食事ができるカフェやレストランが点在。弁当&夜桜という定番的な楽しみ方ではなく、ディナー&夜桜というちょっと贅沢な楽しみ方をしてみては。

■ 「等々力不動尊」(東京都)
パノラマ的に満開の夜桜を楽しむには最高です。斜面一帯に拡がる 500本の桜は壮観で、境内の「見晴らし舞台」がベストポジション。

■ 「浜離宮恩賜庭園」(東京都)
ソメイヨシノ、ヤエザクラと時期をずらした2度の夜桜が楽しめます。発展する汐留高層ビル群と江戸時代を象徴するような庭園と夜桜が交錯。ここでしか味わえないミスマッチな世界です。

■ 「湘南平」(神奈川県)
神奈川の景勝50選でもある標高179mの大地で、古くは泡垂山千畳敷。夜景鑑賞地として、関東では有名な山上公園。県外からの来訪者の多くを魅了します。

■ 「太田山公園」(千葉県)
木更津市街の小高い山頂部に28mの高さを擁する「きみさらずタワー」を設置。日本武尊の悲恋伝説が残る地として有名。市街をはじめ、東京湾を一望できる市民憩いの場。

■ 「金華山」(岐阜県)
岐阜市の中心部に位置し、標高は329m。かつては稲葉山と呼ばれ、山頂には岐阜城が立つ。濃尾平野の大パノラマは全国でも有数レベル。夏期にはロープウェイがナイター営業。

■ 「五月山」(大阪府)
池田市民にとってシンボル的な存在。1958年にはドライブウェイを整備。池田市、伊丹市、大阪平野部を眺望。秀望台(海抜約140m)、日の丸展望台(海抜約315m)があります。

■ 「千光寺公園」(広島県)
尾道の夜景を楽しめるベストロケーション。眼下に市街を見下ろせる小高い山にあり、遊園地や美術館などの施設もある。山頂付近には36階建ての円形展望台があり、360度のパノラマが鑑賞可能。特に夕暮れの時間帯は、尾道水道の水面がオレンジ色に染まり、風情のある美しさが楽しめます。

 
 
 
 
最新バッグナンバー
 
 
 
レポート一覧
 
 
 
 
 
夜景評論家 丸々もとお
 
丸々もとお[スーパー夜景サイト]
http://www.superyakei.com

「夜景評論家」(R)で夜景観光のパイオニア。立教大学観光学科卒。ぴあ、リクルート等を経て独立。 観光学、景観学、色彩心理学など学際的に評論する独自の「夜景学」を構築。執筆活動のほか、イベント、飲食&展望台プロデュース、地域活性、各マスコミ等で活躍中。神戸市、横浜市、長崎市、川崎市等の夜景観光アドバイザーを歴任。「夜景検定」の総監修。全国に広がる“工場夜景クルージング”の仕掛け人で、テレビ東京系「ソロモン流」で夜景の賢人として紹介。
 

 
 
 

       
エリアで選ぶ 日付で選ぶ
北海道 東京 横浜
千葉 甲信越 静岡
滋賀 京都 大阪
神戸 北陸 九州