夜景評論家丸々もとお×近畿日本ツーリスト  夜景の達人 |近畿日本ツーリスト

夜景評論家丸々もとお×近畿日本ツーリスト  夜景の達人
 
夜景の種類で探す 夜景の効果で探す エリア・日付で探す ランキングで探す
 
 
2012.10.29
  [レポート]
 
 
間違いだらけのイルミ選びをしないために。
満足度最高の「関東三大イルミネーション」
 
 
 
 

 
さあ、いよいよイルミネーションの時期の到来です。既に始まっている施設もありますが、11月1日からスタートする施設もたくさん。その数量を毎年調べていますが、毎年増え続ける傾向はそのまま、イルミネーション自体の規模も拡大しているようです。

と、これだけ全国に多々のイルミネーションがあると、どこに行けば良いか迷ってしまうはず。一冬で20も30も巡る人であれば別ですが、多くの人々はぜいぜい3つ程度でしょう。そうなると、0勝3敗のような残念な結果ではなく、やはり3勝0敗を目指したいものです。「今年のイルミネーション選びは当たったなあ!」という感じです。

そこで“正しいイルミネーション選び”が肝心です。「それなら電球数で選べば間違いない!」と考える方もいると思いますが、実はそれだけではダメです。例え電球数が相当多い施設でも、それほどのスケールを感じさせない施設も沢山あります。あまり、電球数に惑わされない方が良いでしょう。そこで重要なのは、「ストーリー性」と「エンタテインメント性」です。「ストーリー性」とは、イルミネーション会場を巡りながら、いろいろな楽しみができるということ。ひとつの世界感の主人公となりつつ、まるで「光の絵本」をめくるような細かい感動が数多く得られるかどうかということです。一方、「エンタテインメント性」とは、光と音が連動したような幻想的なショーはもちろん、東京ドイツ村の「香りの出るシャボン玉演出」のような、視覚だけではない感覚を動員して楽しめるようなものです。そして、この2つが揃えば最強と言えるでしょう。

さて、先日開催した「夜景サミット2012 in 長崎」では、夜景鑑賞士へのアンケートや様々な検証項目によって、「関東三大イルミネーション」が発表、認定されました。認定を受けたのは、「江の島 湘南の宝石」「東京ドイツ村」「あしかがフラワパーク」です。これらは、前述の「ストーリー性」「エンタテインメント性」を確実にクリアしていることはもちろん、飲食やお土産も充実。何時間でも楽しめてしまう最高レベルのイルミネーションです。迷ったら、「関東三大イルミネーション」。ぜひ、覚えおきましょう。そうそう、「世界新三大夜景」の各地の魅力については、近々にお届けしますね。
 
 
 
 
最新バッグナンバー
 
 
 
レポート一覧
 
 
 
 
 
夜景評論家 丸々もとお
 
丸々もとお[スーパー夜景サイト]
http://www.superyakei.com

「夜景評論家」(R)で夜景観光のパイオニア。立教大学観光学科卒。ぴあ、リクルート等を経て独立。 観光学、景観学、色彩心理学など学際的に評論する独自の「夜景学」を構築。執筆活動のほか、イベント、飲食&展望台プロデュース、地域活性、各マスコミ等で活躍中。神戸市、横浜市、長崎市、川崎市等の夜景観光アドバイザーを歴任。「夜景検定」の総監修。全国に広がる“工場夜景クルージング”の仕掛け人で、テレビ東京系「ソロモン流」で夜景の賢人として紹介。
 

 
 
 

       
エリアで選ぶ 日付で選ぶ
北海道 東京 横浜
千葉 甲信越 静岡
滋賀 京都 大阪
神戸 北陸 九州