夜景評論家丸々もとお×近畿日本ツーリスト  夜景の達人 |近畿日本ツーリスト

夜景評論家丸々もとお×近畿日本ツーリスト  夜景の達人
 
夜景の種類で探す 夜景の効果で探す エリア・日付で探す ランキングで探す
 
 
2012.3.2
  [レポート]
 
 
今年で20年目。
夜景評論家というお仕事とは?
 
 
 
 

 
夜景評論家というお仕事。今年で20年目に入ります。最初の10年はサラリーマンとのWワークで、次の10年は独立。ここで大きな違いが出てきます。前半はWワークですから仕事で東京を中々離れられません。よって、日本や世界中の夜景を巡ることはほとんど難しい状況。しかしながら独立後は日本はもちろん、世界中の夜景を眺めにいけるようになりました。不思議なもので、視野が広がるとアイデアもどんどん広がり、ビジネスジャンルも広がる。結果、著書の出版とメインとしてきた私は、全国のホテルの宿泊プランを皮切りに、夜景の見えるレストラン&バーのオープンやロープウエー、ケーブルカー、架橋のライトアップや町おこしまで携わっています。今や、評論家を名乗るよりは夜景プロデューサーと称する場合が増えてきました。夜景を眺めることから、魅力的な夜景や視点場を創り出すことに変化してきたのです。

しかしながら、私は未来への計画性は持っていません。と聞いて驚く方もいるかもしれませんが、来年の今頃の計画を全く持っていないのです。「それでは、不安にならないんですか?」と良く言われます。そこで私は答えるのです。「いえいえ、不安というよりは喜びです」と。確かに安心できる未来が保証されることは嬉しいかもしれませんが、私はそうではないのです。来年、再来年に自分は何をしているのか、何を実現しているのか、見えないからこそ楽しくてしょうがないのです。「それって、丸々さんに自信があるからでしょ?」と切り替えされますが、いや自信がある訳でもありません。人生はたった一回ですから、予想できないことはたくさん。さらに確実な保証もありません。だったら、自身が後悔しないようにと、見えない未来を見えるようにしていきたい。いや、不安というブレーキを踏むことなく、その時々で想像した未来に向かって真っ直ぐ進んでいきたいのです。と、何を書いているのか分からなくなってきましたが(笑)、今日叶えたいと思う未来を叶えていくことって、結構楽しいものですよ。たまたまそのツールが「夜景」なのかもしれません。
※写真は富山の夜景。満月に向かってGO!

 
 
 
 
最新バッグナンバー
 
 
 
レポート一覧
 
 
 
 
 
夜景評論家 丸々もとお
 
丸々もとお[スーパー夜景サイト]
http://www.superyakei.com

「夜景評論家」(R)で夜景観光のパイオニア。立教大学観光学科卒。ぴあ、リクルート等を経て独立。 観光学、景観学、色彩心理学など学際的に評論する独自の「夜景学」を構築。執筆活動のほか、イベント、飲食&展望台プロデュース、地域活性、各マスコミ等で活躍中。神戸市、横浜市、長崎市、川崎市等の夜景観光アドバイザーを歴任。「夜景検定」の総監修。全国に広がる“工場夜景クルージング”の仕掛け人で、テレビ東京系「ソロモン流」で夜景の賢人として紹介。
 

 
 
 

       
エリアで選ぶ 日付で選ぶ
北海道 東京 横浜
千葉 甲信越 静岡
滋賀 京都 大阪
神戸 北陸 九州