夜景評論家丸々もとお×近畿日本ツーリスト  夜景の達人 |近畿日本ツーリスト

夜景評論家丸々もとお×近畿日本ツーリスト  夜景の達人
 
夜景の種類で探す 夜景の効果で探す エリア・日付で探す ランキングで探す
 
 
2012.1.26
  [レポート]
 
 
日本初の試みが続々誕生!
奧日光湯元温泉・雪まつり
 
 
 
 
 
冬の夜景には“雪”は欠かせません。弘前城の雪のライトアップや湯西川温泉の雪かまくら等がその例でしょう。しかしながら、今年リニューアルする斬新な雪まつりにも注目です。その名も「奧日光湯元温泉・雪まつり」。1月28日(土)から始まりますが、なんと、日本初のエンタテインメント溢れる試みが続々登場するのです。以下、ざっと御紹介しましょう。

<雪の彫刻会場>
国内初。「雪と光の幻想トンネル」が登場!

初登場の長大な「雪と光のトンネル」が、氷の彫刻舞台まで来場者を誘います。冬期のイルミネーショントンネルは数ありますが、雪と光で制作された長大なトンネルは国内初の試み。トンネル中には多種多様な演出が施され、幻想的な気分を堪能させます。そしてトンネルを抜けると、毎年好評の大きな雪かまくら(雪窟)に守られた氷の彫刻群(第六回全日本氷彫刻日光大会・雪窟の中の氷彫刻)が来場者を待ち受けています。
■ストーリー
毎冬開催される「氷の彫刻」。大きな雪かまくらに(雪窟)守られた彫刻群は、自然と人間の美しいコラボレーションであり、自然を尊ぶ人間の心そのものです。そして、氷の彫刻が設置された舞台は、私たちひとりひとりが自然への畏敬を表する舞台でもあります。来場者はその貴き舞台へと、雪と光で彩られた幻想的なトンネルを抜け、出合うことができます。歩くたび、心がスウッと透き通るような感覚。来場者を自然と調和した心豊かな世界へと導くでしょう。

<雪灯里会場>
雪明里から、「雪明里イリュージョン」へ

毎年、小さな無数のかまくらに明かりが灯るまつりとして人気を博していますが、今回は、園内に灯された雪のあかりたちが、時間ごとに色彩や点灯パターンが変化する幻想的な世界へとグレードアップ。さらに、闇雪夜の中、幻想的に「雪蛍(ゆきぼたる)」が舞い踊ります。壮大な「雪の絵本」の中に迷い込んだような光景は、まさに雪のマジック。“雪灯里イリュージョン”の世界です。
■ストーリー
自然に触れるほどに、幸せに満ち、躍動する心。そんな自然と人間の交流の本質をテーマに展開するイルミネーションです。まるで絵本のページを1枚1枚めくるかのように、時間ごとに様々な雪と光の演出空間が登場。そして、一冊の絵本を読み終える頃、あたりは闇夜(闇雪夜)に包まれます。すると…自然界の精霊に見立てられた「雪蛍(ゆきぼたる)」が舞い踊ります。それは、私たちの未来や希望を天へと届けてくれるかのように。

ぜひ、パワーアップした「奥日光湯元温泉・雪まつり」をお楽しみください。
詳細はこちら≫
 
 
 
 
最新バッグナンバー
 
 
 
レポート一覧
 
 
 
 
 
夜景評論家 丸々もとお
 
丸々もとお[スーパー夜景サイト]
http://www.superyakei.com

「夜景評論家」(R)で夜景観光のパイオニア。立教大学観光学科卒。ぴあ、リクルート等を経て独立。 観光学、景観学、色彩心理学など学際的に評論する独自の「夜景学」を構築。執筆活動のほか、イベント、飲食&展望台プロデュース、地域活性、各マスコミ等で活躍中。神戸市、横浜市、長崎市、川崎市等の夜景観光アドバイザーを歴任。「夜景検定」の総監修。全国に広がる“工場夜景クルージング”の仕掛け人で、テレビ東京系「ソロモン流」で夜景の賢人として紹介。
 

 
 
 

       
エリアで選ぶ 日付で選ぶ
北海道 東京 横浜
千葉 甲信越 静岡
滋賀 京都 大阪
神戸 北陸 九州