夜景評論家丸々もとお×近畿日本ツーリスト  夜景の達人 |近畿日本ツーリスト

夜景評論家丸々もとお×近畿日本ツーリスト  夜景の達人
 
夜景の種類で探す 夜景の効果で探す エリア・日付で探す ランキングで探す
 
 
2011.9.20
  [夜景学]
 
 
ホテル選びにも役立つ!
夜景鑑賞士検定
 
 
 
 
みなさんは「夜景検定」を知っていますか? 正式には「夜景鑑賞士検定」と言います。私たちを魅了してやまない夜景の魅力を知り、夜景の知識を深めることで日々の生活に潤いをもたらしつつ、夜景の観光的価値を理解していただくという趣旨のもと2008年にスタート。第一回、第二回、第三回を通して約5000名が受験し、約3000人の夜景鑑賞士が誕生しています。多くのメディアでも取り上げられ、様々な観光分野のエキスパートの方から純粋に夜景を楽しみたい人まで、予想を越える大きな反響で、世の中の様々な検定の中でも受験者数は比較的多い部類に入ります(オドロキ!)
 
「鑑賞士」という名の通り、夜景を鑑賞する知識を身につけるもので、簡単に言えば「夜景鑑賞のプロ」を養成するもの。3級は「日本全国の夜景を知っている」という初級レベル、2級は「全国の夜景観光地では夜景を生かしたどのような取り組みを行っているかを理解している」レベルで中級編。そして1級は“夜景マイスター”として、「夜景観光プランニングができる」レベルです。なんと1級は全国に8人しかいない超難関なのです(ちなみに、2級合格者のみ受験できます)。

受験される方は、夜景が好きな人、夜景写真の愛好家、旅行が好きな方などが33%。旅行会社やホテル、交通事業者、行政関係者など、観光関係に従事している方が33%、残りの33%は観光業界に就職を目指す学生さん。昨年、 「夜景検定を取得して旅行会社に就職できた!」という学生さんにもお会いしました。夜景をテーマにしたユニークな検定ですから、人事担当者も興味を持っていただいているのですね。

もちろん、旅行やホテルが大好きな方にも嬉しい検定です。全国の夜景情報がしっかり身につきますから、夜景が綺麗なホテルを選ぶ際の知識として役立ちます。

今年で4回目を迎える「夜景検定」は12月3日、4日が2級・3級の試験日。インターネット受験なので、全国の会社やご自宅のパソコンで受験できます。また、今年は対策問題集として「過去問題集」が発売中。これでかなり合格率が高くなりそうです。旅行先の夜がどんどん楽しくなる「夜景検定」。あなたもトライしてみませんか? 詳細は公式HPをご覧ください。

夜景検定公式HPはこちら≫
 
 
 
 
最新バッグナンバー
 
 
 
レポート一覧
 
 
 
 
 
夜景評論家 丸々もとお
 
丸々もとお[スーパー夜景サイト]
http://www.superyakei.com

「夜景評論家」(R)で夜景観光のパイオニア。立教大学観光学科卒。ぴあ、リクルート等を経て独立。 観光学、景観学、色彩心理学など学際的に評論する独自の「夜景学」を構築。執筆活動のほか、イベント、飲食&展望台プロデュース、地域活性、各マスコミ等で活躍中。神戸市、横浜市、長崎市、川崎市等の夜景観光アドバイザーを歴任。「夜景検定」の総監修。全国に広がる“工場夜景クルージング”の仕掛け人で、テレビ東京系「ソロモン流」で夜景の賢人として紹介。
 

 
 
 

       
エリアで選ぶ 日付で選ぶ
北海道 東京 横浜
千葉 甲信越 静岡
滋賀 京都 大阪
神戸 北陸 九州